JXホールディングが発表した2011年3月期の連結決算は、最終利益が3117億円となった。同社は昨年4月1日に新日本石油と新日鉱ホールディングスが経営統合して発足したため、今回が統合してから最初の通期決算となる。

売上高は9兆6343億円となった。石油精製販売事業では、ガソリン、軽油、電力用C重油が前期を上回ったものの、燃料転換の進展でA重油が減少したことなどから、全体としては、前期並みの実績だった。アジアでの石油化学製品の需要は、堅調に推移した。

金属事業は世界の銅需要が経済成長が続く中国を中心に堅調に推移したほか、電子材料の需要は、年度前半は海外の最終製品の生産増を背景に好調だったものの、後半は、一部の最終製品の在庫調整の影響を受けて、関連する電子材料の需要が伸び悩んだ。

営業利益は3344億円、経常利益が4136億円となった。たな卸資産評価の影響を除いた経常利益相当額は3561億円。

今期の通期業績見通しは売上高が前期比6.9%増の10兆3000億円となる見通し。営業利益は同7.3%減の3100億円、経常利益が同8.1%減の3800億円、純利益が同35.8%減の2000億円となる見通し。