トヨタ プリウスα

トヨタ自動車は13日、『プリウス』の派生モデル『プリウスα』を発表した。「ハイブリッドユーザーをより広めていきたい」と語るのはトヨタ第1開発センター製品企画主査の粥川宏氏。

粥川氏は「トヨタではハイブリッド技術により燃費の良い車を提供してCO2排出を抑えていこうという流れがあります。そういった中で、プリウスに新たなモデルをプラスして、より多くの人にハイブリッドカーに乗っていただくことを目指しました」

「現在、プリウスのユーザーを見ると、50代〜60代の男性でセダンから乗換の方が非常に多いです。そこで、まだハイブリッドに乗っていない、30〜40代のファミリーにも買っていただける車を導入するべきではないかと考えました」

「日本においては30代〜40代でファミリーの方はミニバンなどスペース系の車を選ばれています。プリウスのプラットフォームを使い、ミニバンとしての必要十分な大きさをもち、普段一人で運転しているときの燃費も損なわない、そんなパッケージを提供できるのがこのプリウスαです」と語った。

トヨタ プリウスα トヨタ プリウスα トヨタ プリウスα トヨタ プリウスα トヨタ プリウスα トヨタ プリウスα トヨタ プリウスα トヨタ プリウスα トヨタ プリウスα トヨタ プリウスα トヨタ プリウスα トヨタ プリウスα トヨタ プリウスα トヨタ プリウスα トヨタ プリウスα トヨタ プリウスα トヨタ プリウスα