アウディ R8GTスパイダーのデザインスケッチ

アウディ『R8』の最強グレードとして、2010年5月に発表された「R8GT」。同車に、間もなくオープンボディの「R8GTスパイダー」が加わる。

R8GTは、「R8 5.2FSIクワトロ」をベースに、さらなる運動性能を追求したモデル。5.2リットルV型10気筒ガソリンエンジンは専用チューンを受け、最大出力560ps/8700rpm、最大トルク55.1kgm/6500rpmと、35ps、1kgm強化された。

駆動方式はフルタイム4WDの「クワトロ」、トランスミッションは「Rトロニック」。約100kg軽量化されたボディとパワーアップしたエンジンを得たR8GTは、0-100km/h加速3.6秒、最高速320km/hというパフォーマンスを実現する。

このR8GTに、間もなくスパイダーが加わる。アウディは今回、R8GTスパイダーのティーザースケッチを公開。リアスポイラーやディフューザー、アルミホイールなどが専用デザインとなり、軽量バケットシートが採用されているのも確認できる。

クーペボディのR8GTは、世界限定333台、ドイツ価格19万3000ユーロ(約2220万円)というスーパーカー。R8GTスパイダーも、少量限定生産車となりそうだ。

アウディ R8GTスパイダーのデザインスケッチ アウディ R8GTスパイダーのデザインスケッチ アウディ R8GTスパイダーのデザインスケッチ アウディ R8GTスパイダーのデザインスケッチ