アストンマーチンとザガートが共同開発する新型スーパーカーのティーザースケッチ

イタリア・コモ湖畔で21日に開幕するクラシックカーの一大イベント、「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラデステ」。このイベントで、アストンマーチンとザガートが共同開発した新型スーパーカーが初公開されることになった。

これは11日、アストンマーチンが明らかにしたもの。アストンマーチンとザガートは1961年、『DB4GTザガート』を発表しているが、そのデビュー50周年を記念して、再び両社が手を組むことになったという。

この共同開発車に関する詳細は、現時点では車名も含めて未公表。コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラデステで披露されるのはコンセプトカーだが、その直後にドイツで開催されるニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦し、市販版は2012年にデビューするとのことだ。

アストンマーチンは、新型車のティーザースケッチを公開。フロントに装備されるリップスポイラーや、『One-77』を思わせるグラマラスなリアフェンダーが確認できる。