スバル ボクサースポーツカー アーキテクチャ(ジュネーブモーターショー11)

富士重工業は、5月18日〜20日にパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2011」に、水平対向(ボクサー)エンジンを使用した「ボクサー・スポーツカー・アーキテクチャ」や、先進運転支援システム「アイサイトver.2」を出展する。

ボクサー・スポーツカー・アーキテクチャは、スバルのコア技術である水平対向(ボクサー)エンジンを中心に、FRスポーツ車の性能を最大限に引き出すために新たに開発した技術。低重心で軽量・コンパクトな水平対向エンジンの特長を活かし、FRスポーツ車に最適化したシャシーレイアウトとした。

富士重がトヨタと共同開発しているFRスポーツは、このボクサー・スポーツカー・アーキテクチャが採用される見通し。

また、先進運転支援システムのアイサイトver.2は、スバル独自のステレオカメラを用いた先進運転支援システムで「プリクラッシュブレーキ」や「全車速追従機能付クルーズコントロール」などの運転支援機能によって、安全かつ快適なドライブの実現に寄与する。

会場では技術内容についてVTRなどで紹介する。

トヨタと共同開発をおこなっているFRスポーツカー。画像はトヨタFT-86 II