VWゴルフのPHV、ツインドライブ

フォルクスワーゲングループは6日、オーストリア・ウィーンで開かれた国際自動車シンポジウムおいて、2013〜14年をメドに、プラグインハイブリッド車(PHV)の生産を開始すると発表した。

PHVは、各社が実用化に向けた開発に取り組んでいるが、フォルクスワーゲンも例外ではない。同社は2008年、『ゴルフ』をベースにしたPHV実験車、『ゴルフ・ツインドライブ』を発表。ドイツでの実証実験を進めてきた。

フォルクスワーゲングループを率いるマルティン・ヴィンターコルン会長は、「中期的に見て、PHVは大きな可能性を持っている。内燃機関とモーターの長所を、1台にまとめることができるからだ」と、その理由を説明している。

PHVは、トヨタ自動車が2012年に『プリウス』をベースに市販予定。フォルクスワーゲンは、2013年のPHVに続いて、2014年にはゴルフの電気自動車(EV)、『ゴルフ・ブルーeモーション』を発売する計画だ。

VWゴルフツインドライブ VWゴルフのEV、ブルーeモーション