三菱は人とくるまのテクノロジー展に商用EVのミニキャブMiEVを出展する

三菱自動車は、5月18日〜20日にパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2011」に今年末に国内で市販する予定のの軽商用車タイプの電気自動車(EV)『ミニキャブMiEV』の実証試験車を出展する。

ミニキャブMiEVは、軽商用車の『ミニキャブバン』をベースにEV『i-MiEV』のシステムを搭載した同社のEV第2弾。2010年10月から、ヤマト運輸と実証試験車を使って実用性を確認している。

今回、ミニキャブMiEVの使用シーンをイメージさせる生花店を模したブースデザインを施し、実車に加えて、普通充電スタンド、説明パネルを展示して、三菱のEVへの取り組みについてわかりやすく紹介する。

また、主催者企画の「車両電動化が拓く新しいくるま社会〜クルマが変わる/人・社会が変わる〜」にも試乗車としてi-MiEVを出展する。

ヤマト運輸と共同で実証試験をおこなっているEV集配車