日立製作所の通期決算…構造改革が奏功し、全セグメントで営業黒字を達成

日立製作所は11日、2011年3月期連結決算を発表した。それによると、売上高が10年3月期比4%増の9兆3158億円、営業利益が同2.2倍の4445億円、純利益は2388億円と前の期1069億円の赤字から一転、20年ぶりに最高益を更新した。

売上高においては、海外が同111%と大きく伸びたのが貢献した。「特に中国を含めたアジア地域で122%と売り上げが大きく伸びており、全セグメントで増収となった。また、その他地域が108%で、なかでもアフリカと中南米が好調だった」と三好崇司副社長。その結果、海外売上高比率は43%と過去最高になった。

営業利益では、10年3月期に赤字だった電子装置・システム、オートモーティブシステム、デジタルメディア・民生機器の3部門が黒字に転換。グループの11部門がすべて黒字を達成した。「固定費削減や資材調達費削減などで目標を上回る効果を達成し、構造改革の成果が出た」(三好副社長)ことが大幅な増益に結びついた。ちなみに、固定費削減では約350億円、資材調達費削減では約2300億円の低減を実現した。

12年3月期については、「震災が顧客に与える影響や部品の調達動向を見極めたい」ということで業績予想を出さず、6月9日に予定している経営方針説明会で公表する。

日立製作所の通期決算…構造改革が奏功し、全セグメントで営業黒字を達成