8日午前3時30分ごろ、福井県敦賀市内の県道で、車道上で倒れていた37歳の男性が進行してきた乗用車にはねられる事故が起きた。男性は収容先の病院で死亡。他のクルマにはねられて負傷していた可能性もあり、ひき逃げ事件として捜査している。

福井県警・敦賀署によると、現場は敦賀市沓見付近で片側1車線の直線区間。37歳の男性は車道上に倒れ込んでいたが、そこに若狭町内に在住する22歳の男性が運転する乗用車が進行。急ブレーキを掛けたが、間に合わずに衝突した。

男性は全身を強打。近くの病院へ収容されたが、約30分後に死亡した。警察ではクルマを運転していた男性から自動車運転過失致死容疑で事情を聞いている。

事故の状況から、警察では死亡した男性が別のクルマにひき逃げされた可能性が高いと判断。逃走したクルマの車種特定を進めている。