メルセデスベンツEクラスセダン

ダイムラーは3日、欧州向けのメルセデスベンツ『Eクラス』に、2つの新ガソリンエンジンを搭載すると発表した。

まずは、「E350ブルーエフィシエンシー」グレード。直噴3.5リットルV型6気筒エンジンには、3世代目の「ブルーダイレクト」インジェクション、新型7Gトロニックプラス、アイドリングストップなどが採用された。

最大出力は306psと従来よりも14ps向上。それでいて、欧州複合モード燃費は14.3〜14.7km/リットル、CO2排出量は159〜164g/kmと、最大20%の燃費改善を実現する。

もうひとつが、「E500ブルーエフィシエンシー」グレード。V型8気筒エンジンは、従来の5.5リットル自然吸気から、4.6リットルのツインターボにダウンサイジングされた。

このV8は、最大出力408ps、最大トルク61.2kgmを発生。従来の5.5リットルの388ps、54kgmを大きく上回るスペックだ。0-100km/h加速は5.2秒、最高速は250km/h(リミッター作動)の実力。欧州複合モード燃費は11.2km/リットルと、従来よりも17%引き上げている。

メルセデスベンツEクラスセダン