トヨタ 小澤哲副社長

トヨタが11日に行った2011年3月期の決算会見で、小澤哲副社長は「円高をはじめとする為替の影響などで、日本でものづくりを続ける限界も感じている」と述べた。

小澤副社長は「ユーロ安、ウォン安のなかでの円高。独、韓のライバルメーカーは為替面で恩恵を受けている」とし、日本のグローバル企業が厳しい状況にあることを示した。

加えて「通商政策、税制面など、海外企業には後押しとなる要素がある。特に韓国社との国際競争力は差がついている。どこまで日本でのものづくりにこだわるのか、すでに一企業の努力の限界を超えているのではないかという見方もできる」とした。

報道陣に囲まれるトヨタ小澤副社長 トヨタ2011年3月期決算会見 トヨタのイギリス工場(写真の車はアベンシス)資料画像