プロッツァ・ミレット(プロスタッフ製)資料画像

住友三井オートサービスは、プロスタッフ製の電動スクーターの『ミレット』3台を社用車として導入、被災地拠点である仙台支店に配備した。

小回りが利き、ガソリン不要の電動スクーターを自社で活用することで、同製品の活用用途拡大に向けて検討材料を模索、被災地復興への一ツールとして普及を目指してまずは自社活用を開始する。

電動スクーターは、顧客とのコミュニケーション促進ツールとして活用するほか、鉄道や道路の完全復旧にまでの社員の足として活用する。環境負荷低減や経費削減効果に関するデータも収集する。

同社では、電動スクーターを自社で導入・使用することで電動スクーターに関する自らの理解を深化、顧客に導入メリットを伝えていく。また、同社は、今後もEVなど電動モービルの普及促進に積極的に取組んでいく方針だ。