インドのマルチスズキ社が生産するワゴンR

スズキが発表した2011年3月期の連結決算は、最終利益が前年同期比56.2%増の451億円と大幅増益となった。

売上高は同5.6%増の2兆6082億円と増収となった。四輪車は国内はエコカー補助金終了による反動減で苦戦したものの、海外はインドやインドネシアなどアジアの新興国が好調だった。二輪車はアジアが増加したものの、欧州、北米、国内が減少した。特機事業は欧州、北米、アジア、大洋州が増加した。

収益では為替差損による減益を売上げの増加、原価低減による増益で吸収、営業利益が同34.7%増の1069億円と大幅増益となった。経常利益は同30.5%増の1225億円だった。

今期の業績見通しは、東日本大震災の影響で合理的な算定が困難なため、公表を見送った。

インドネシア工場