曙ブレーキ工業が発表した2011年3月期の連結決算は、営業利益が前年同期比144.3%増の113億9200万円と大幅増益となった。

売上高は同65.8%増の2165億7400万円となった。地域や時期によって受注が変動したものの、期中の4月から2月までは前年を大幅に上回った。

収益でも増収効果などで経常利益は同264.7%増の97億3800万円。当期純利益は、同155.5%増の52億6500万円と大幅増益だった。

なお、同社は福島県にあるテストコースが一部損壊するなど、東日本大震災の影響による損失12億5200万円を特別損失に計上した。

今期の業績予想は東日本大震災の影響で公表を見送っている。