イメージ

5日午前1時30分ごろ、埼玉県朝霞市内の国道254号で、60〜70歳代の男性が乗った自転車が車道で転倒。直後に進行してきたトラック2台にはねられる事故が起きた。男性は死亡。トラックはそのまま逃走したが、警察は後に26歳と49歳の男を逮捕している。

埼玉県警・朝霞署によると、現場は朝霞市膝折町付近で片側2車線の直線区間。自転車は車道を走行していたが、何らかの原因で転倒。これに気づいた後続車が手前で停止したところ、このクルマを追い抜くように進行してきた2台のトラックが路上に投げ出されていた60〜70歳代とみられる男性をはねた。

男性は近くの病院に収容されたが、全身強打が原因でまもなく死亡。トラック2台はそのまま逃走しており、警察は死亡ひき逃げ事件として捜査を開始。現場近くに設置されていた防犯カメラ映像の分析を進めた。

その結果、所沢市内に在住する26歳の男と、春日部市内に在住する49歳の男が容疑に関与したと断定。自動車運転過失致死と道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕している。

調べに対して2人は「何かにぶつかったような音は聞いたが、人ではないと思った」などと供述しているようだ。死亡した男性の身元は判明しておらず、警察では身元の確認を進めている。