イメージ

5日午前1時30分ごろ、千葉県木更津市内の市道を走行していた乗用車が道路右側の路外に逸脱。路肩を歩いていた53歳の男性をはねた後、道路沿いの店舗建物に突っ込む事故が起きた。男性は重傷。運転者は逃走したが、警察は後に27歳の男を逮捕している。

千葉県警・木更津署によると、現場は木更津市木更津付近で片側1車線。クルマは斜行するように対向車線側へ逸脱。そのまま道路右側の路外に飛び出し、路肩を歩いていた53歳の男性を後方からはねた。

クルマはそのままの勢いで道路右側に立つ店舗建物に突入。運転していた男は車両を放置して逃走した。はねられた男性は足を骨折する重傷を負っており、警察では重傷ひき逃げ事件として捜査を開始した。

事故から約30分後、同署に「事故を起こしたが、酒に酔っていたので逃げた」と連絡が入り、警察は同市内に在住する27歳の男を自動車運転過失傷害と道路交通法違反(ひき逃げ、酒気帯び運転)容疑で逮捕している。

調べに対して男は「怖くなって逃げた」などと供述しているようだ。クルマは建物の中へ完全に突入しており、そのまま引き出すと倒壊の恐れがあるという。