R4仕様のインプレッサ《撮影 中尾真二》

スバルテクニカインターナショナル(STI)は、『インプレッサWRX STI』シリーズの「R4」対応パーツのホモロゲーションを1日に取得したと発表した。このマシンはラリーの「IRC」シリーズに今2011年から参戦する。

IRC(Intercontinental Rally Challenge)は、「S2000」という2.0リットルNAエンジンの車両がトップカテゴリとなるラリーシリーズだ。運営はユーロスポーツが行っている。シリーズに組み込まれているラリーは、モンテカルロラリー、ツール・ド・コルス(フランス)、サファリラリーなど、現在のWRCの規定から開催が困難になった往年のラリーイベントも多く、年々注目度が上がってきているシリーズだ。

R4規定は、そのIRCにおいて、WRC車両も参戦を可能にすべく設けられた新しいカテゴリーで、「グループN」のWRC車両をFIA公認パーツによって軽量化や構造変更などを認めるための規定である。

STIの現在のラリー活動は、主にPWRCへの車両供給、グループN公認パーツの開発・供給などによって各国のユーザーチームを支援することがメインである。R4規定の発表後、2010年よりパーツの開発、車両テストを重ねており、満を持してR4パーツのホモロゲーション獲得となった。

IRC参戦やR4パーツ開発については年明け早々のオートサロンでアナウンスを行っていたが、STIの嶋村誠主査によれば、「東日本大震災の影響もあり、査察官の来日が延期となり、ホモロゲーション取得に時間がかかってしまいました」とのこと。

R4パーツのベース車両は「インプレッサWRX STI」(GRB:FIA公認No.N-5714)と「インプレッサWRX STIスペックC」(GRB:FIA公認No.N-5732)だ。

R4仕様のインプレッサ《撮影 中尾真二》 IRCにインプレッサR4で参戦する新井敏弘選手と奴田原選手(4月20日)《撮影 中尾真二》