東京駅で待機する秋田新幹線(3月14日)

JR東日本はゴールデンウィーク中の利用状況を発表した。

4月28日から5月8日までの新幹線・特急・急行列車の利用人数は前年同期比27%減の286万3000人となり、民営化して発足してから過去最大の落ち込みとなった。

新幹線は同25%減だった。このうち、東北新幹線は東日本大震災の影響で一部区間で運転を見合わせていたが、4月29日に全線で運転を再開した。しかし、大宮〜北上が同33%減、盛岡〜八戸が同38%減だった。最も低迷したのが秋田新幹線(盛岡〜田沢湖)で同61%減の3万4000人。長野新幹線(高崎〜軽井沢)は同6%減の27万1000人だった。

在来線は同32%減だった。

近距離きっぷの発売枚数は同4%減にとどまった。