調印式の様子。カタール国エネルギー産業省のアル・サダ大臣(中央)とJX日鉱日石開発社長の古関 信(向かって左)

JX日鉱日石開発は5月9日、同社100%出資するJX日鉱日石カタール石油開発が世界最大のLNG輸出国であるカタールの海上鉱区であるBlock A鉱区(プレ・クフ層)の探鉱権益を単独で取得したと発表した。

8日にカタール政府と探鉱生産分与契約を締結した。

プレ・クフ層とは、カタールの主な天然ガス産出層であるクフ層より、もっと深部に分布する地層。クフ層には、カタールの輸出LNGの供給源であり、世界最大のガス田であるノースフィールドガス田が広がっており、JX開発は今回取得したA鉱区で新たなガス田の発見が期待できると見ている。

今回権益を取得した探鉱鉱区は、面積が約6170平方km。JXカタール石油開発が100%権益を保有し、オペレーターとして探鉱活動を実施する。

JX開発は、中東を石油資源の将来のコアエリア候補と位置づけており、新たな権益取得の機会を検討してきた。現在、UAE、カタールで原油生産を中心に事業活動を実施しているが、今回取得した探鉱鉱区での活動とあわせ、今後も中東地域での石油・天然ガス開発事業に積極的に取り組み、調達リスクの分散でエネルギーの安定供給を図る構え。

調印式の様子 新規取得鉱区の位置