マイナーチェンジでフロントバンパーの形状が変わった中国仕様ティアナ《写真 工藤貴宏》

上海モーターショーの日産ブースでは、ステージの上に『ティアナ』が展示してある。2011モデルとしてマイナーチェンジを施し、エクステリアがリファインされていたのだ。

なかでも大きくデザインがかわったのはフロントバンパーで、丸いフォグランプを埋め込んだ、日本仕様とは異なる形状。クロームの飾りを組み合わせた「標準仕様」と、ボリュームを持たせた「エアロ仕様」の2パターンが用意されている。

日本ではまだマイナーチェンジが施されていないが、日本でもこの顔つきになるのだろうか?

クロームも飾りが増えて、より高級感が増した《写真 工藤貴宏》 こちらはエアロバンパー装着車《写真 工藤貴宏》 こちらはエアロバンパー装着車《写真 工藤貴宏》 中国仕様の日産ティアナ《写真 工藤貴宏》 リヤバンパーの形状も日本仕様とは異なる《写真 工藤貴宏》 懐かしのグレード「VIP」もラインナップ《写真 工藤貴宏》