国土交通省は、東日本大震災の被災地にある自動車の車検有効期間を再々延長すると発表した。

東日本大震災による影響で、岩手県、宮城県、福島県の全域、青森県、茨城県、千葉県の一部地域23市町村を使用の本拠とする自動車などは、地震発生後、車検の有効期間を最長で2カ月伸長した。

今回、継続検査を受けることが引き続き困難な状況にある地域で、車検の有効期間の満了日が3月11日から6月10日までのものは、その有効期間の満了日を6月11日まで再々伸長する。対象地域は岩手県、福島県、宮城県の一部地域。

有効期間伸長の適用を受けた自動車の自賠責保険(共済)の契約期間は、伸長された期間内の継続検査を申請する時までに契約すれば良いことになる。