マクラーレン MP4-12C GT3

英国マクラーレンオートモーティブが、新型スーパーカーの『MP4-12C』をベースに開発したレーシングカー、『MP4-12C GT3』。同車の発表会が4日、英国で開催され、そのスペックと価格が公表された。

MP4-12C GT3は、FIA(国際自動車連盟)が認定する国際GT3カテゴリーへ参戦するために開発。大型ウイングやディフューザー、フロントリップスポイラーなどにより空力性能を向上。フロントフェンダーは拡幅されており、全幅は約100mmワイドとなった。もちろん、サスペンションやブレーキも強化されている。

今年3月の時点では、エンジンについて「3.8リットルV型8気筒ガソリンツインターボを専用チューンする」とだけアナウンスされていた。今回、そのスペックが明らかになった。

注目すべきは、出力が抑えられる点かもしれない。市販版の最大出力は600psだが、MP4-12C GT3では500psにデチューンされる。同社は「レーシングカーに必要なバランスを重視した結果」と説明。出力は100ps下回るものの、エアロダイナミクス性能の向上や徹底した軽量化によって、パワーダウンを補って余りあるパフォーマンスを実現するという。

トランスミッションは、リカルド製の6速パドルシフト。これは市販版の7速デュアルクラッチに対して、単体重量が80kgも軽いのが特徴だ。

MP4-12C GT3は、年内に欧州で行われる複数の耐久レースにスポット参戦した後、2012年からレース関係者への引き渡しを開始。英国現地価格は、31万ポンド(約4100万円)からと発表されている。

マクラーレン MP4-12C GT3 マクラーレン MP4-12C GT3 マクラーレン MP4-12C GT3 マクラーレン MP4-12C GT3 マクラーレン MP4-12C GT3 マクラーレン MP4-12C GT3