風力発電設備(蓄電池併設型)の設置場所位置図

沖縄電力は、再生可能エネルギーの導入を推進するため、沖縄県国頭郡大宜味村の村有地に風力発電実証研究設備(蓄電池併設型)を導入する。

設備は、同社が導入する風力発電設備で最大規模となり、発電設備からの出力変動を蓄電池により抑制、安定的に電力を供給する実証試験を行う予定。

原子力発電に頼らずに、地球温暖化問題にも対応するため、再生可能エネルギーが注目されている。同社は、国内の電力会社で唯一原発を持っていない。風力発電設備を導入して将来の沖縄県の低炭素化に向けて積極的に取り組んでいく。

設備は2011年度の内閣府沖縄担当部局予算に盛り込まれた「沖縄スマートエネルギーアイランド基盤構築事業」を活用し、沖縄県からの補助を受けて建設する予定。