プジョーEX1

プジョーが2010年9月に初公開したEVロードスターコンセプト、『EX1』。同車がドイツ・ニュルブルクリンクにおいて、EVのラップタイムを塗り替えた。

EX1は、前後アクスルに1個ずつモーターを搭載し、トータルで最大出力340ps、最大トルク48.9kgmを獲得。二次電池は、リチウムイオンバッテリーだ。ウインドスクリーンのない大胆なスピードスターボディは、最新のカーボンファイバー技術を駆使して、軽量に仕上げられる。

このEX1がこのほど、ドイツ・ニュルブルクリンクでラップタイムを計測。ニュルブルクリンク北コースは1周20.832km。荒れた路面に狭いコース幅、次々に出現するブラインドコーナーなど、世界一タフなコースとして知られ、自動車メーカーが開発テストを行う場所としても有名だ。

そしてEX1は霧が立ち込める悪天候の中、ニュルブルクリンクで9分1秒338のベストラップをマーク。2010年4月、『MINI E』が打ち立てた9分51秒45のEV最速記録を大幅に更新した。なお平均車速は、138.324km/hだったという。

プジョーEX1 プジョーEX1