三菱グローバルスモール

三菱自動車が3月のジュネーブモーターショーで発表した『コンセプトグローバルスモール』は、面の質感にこだわってデザインされているという。

デザイン本部デザイン部主任(デザイン担当)吉峰典彦さんは、その理由を「柔らかさを出したかったのです」と語る。

しかし、「あまり極端にするとデブに見えたり、なよっと見えたりしてしまいます」。そこで、「断面(例えばドアの縦方向の面)などを普通のカーブではなく、だんだん曲率を高くしていくなどのコントロールをすることで、柔らかさを表現しました」という。吉峰さんは「細かいディテールよりも面の質感や、絞り込みを見てもらえると嬉しいです」と笑う。

そして「とにかくサイドビューが結構きれいだと思います」という。「まず最初に、クルマの命でもあるサイドビューを見て欲しい。コンパクトカーでサイドビューがきれいなクルマはあまりないと思うのですが、これは、きれいにまとまったと思います」。

このモデルは三菱の将来の小型車のコンセプトモデルと位置付けられている。その小型車にもこの面質が表現されていることに期待したい。

三菱グローバルスモール(ジュネーブモーターショー11) 三菱グローバルスモール 三菱グローバルスモール 三菱グローバルスモール 三菱グローバルスモール 三菱グローバルスモール 三菱コンセプトグローバルスモール(上海モーターショー11)