ポルシェ カレラカップ ジャパン 2011 開幕戦

PCCJ(ポルシェ カレラカップ ジャパン)2011シリーズは、第3戦が5月1日に富士スピードウェイで開催された。実は今シーズンのPCCJ、序盤のレーススケジュールが若干変更となっている。

東日本大震災の影響で、開幕戦の第1戦&第2戦は5月21日〜22日に延期となり、この第3戦が事実上の今シーズン開幕戦となってしまったるのだ。さてそんなPCCJのクラスは、プロレーシングドライバーも参戦可能でPCCJのNo.1を決定する「チャンピオンクラス」とアマチュアドライバーが凌ぎを削る「ジェントルマンクラス」の2つに分けられる。エントリー総数は13台だ。

公式予選は決勝の前日、4月30日に行われた。サーキットは快晴に恵まれたが、追い風がホームストレートで吹いていたために、トップスピードが伸び、各選手とも上手くマシンをコントロールできない。そんな中トップタイムを叩き出したのが、昨シーズンのPCCJにポルシェジャパン育成ドライバーとしてデビューしたゼッケン14番安岡選手だ。タイヤを2セット投入し、あくまでポールポジションを獲得することにこだわった安岡選手は、ひとり1分44秒台を叩き出し、見事スターティンググリッドの先頭を獲得した。

そして、迎えた5月1日の決勝レース。前日の好天とは打って変わり朝から雨が降りしきっていたが、レース開始1時間前になると雨もほぼ止んだ状態に。が、相変わらず路面はウェットコンディションだ。フォーメーションラップを終えてスターティンググリッドに全13台が着いた。そしてシグナルがブラックアウト、ついにPCCJ2011シーズンの幕が切って落とされた。ここでいいスタートを見せたのはゼッケン15番神取選手。

安岡選手と神取選手は横並びの状態で1コーナーに進入したが、これを制したのは神取選手。だが、安岡選手も黙ってはいない。続くヘアピンでトップの座を奪い返すと、徐々に2位神取選手との差を広げていく。その差は6周目で4秒に広がっていた。後方では3番手を走っていたルーキーのゼッケン22番マイケル・グリーン選手が1コーナーでリヤをロックさせてしまい、単独スピン。3番手争いはゼッケン5番高見沢選手、ゼッケン47番藤田選手、スタートで出遅れたが猛追を見せたゼッケン16番横幕選手に絞られた。

横幕選手は、8周目に藤田選手に抜かれた高見沢選手を攻略。そして12周目、横幕選手が1コーナーで3番手を走る藤田選手のインを突いた。しかし、路面はウェットコンディションだ。少し強引にも思えたオーバーテイクでハーフスピンを喫してしまう。藤田選手は、その横幕選手と軽く接触するもそのまま走り続け、3位をキープ。これで4番手は高見沢選手、5番手に横幕選手というオーダーになった。

レース中に雨は強くなったり弱くなったりを繰り返したが、安岡選手の安定感が崩れることはなくチェッカーフラッグを受ける。全15周で2位以下に築いたマージンは13秒にもなっていた、マシンを降りると安堵の表情を見せたが、週末の内容に満足はしていなかった。「勝てましたが、金曜から決勝までの組み立てが全然ダメです。まだまだ進化する余地はあるし、もっと上を目指したいです」と語る。続く2位には神取選手、3位に藤田選手が入った。

PCCJはこの後、延期された第1戦&第2戦が5月21日(土)〜22日(日)に岡山国際サーキットで開催される。10年モデルと11年モデルの性能差がなくなり完全なイコールコンディションとなった今シーズン。これからの展開が楽しみだ。

ポルシェ カレラカップ ジャパン 2011 開幕戦 ポルシェ カレラカップ ジャパン 2011 開幕戦 ポルシェ カレラカップ ジャパン 2011 開幕戦 ポルシェ カレラカップ ジャパン 2011 開幕戦