BYD FO痛車(上海モーターショー11)《写真 工藤貴宏》

上海モーターショーのBYDブースで驚いたことは、ふたつ。ひとつはコピー車(BYD社といえばコピー車が定番だった)がほとんど見当たらなかったこと。そしてもうひとつは、痛車が並んでいたことだ。

『FO』というコンパクトカーをベースにしてカスタマイズされたこの痛車は、エアロパーツやアルミホイールを装着したうえでボンネットとドアに2次元のイラストを描いている本格派(!?)だ。

ピンクのカラーに「桜」や「風」といった文字まで書かれたイラストが、日本の痛車文化の影響を受けていることは間違いない。作り込みに若干物足りない印象を受けなくもないが、世界的モーターショーのブースに痛車が並んでいたことは、大きな衝撃である。

ちなみに記者は5日間の上海滞在で、街中で痛車を見かけたのは1度だけだった。

BYD FO痛車(上海モーターショー11)《写真 工藤貴宏》 BYD FO痛車(上海モーターショー11)《写真 工藤貴宏》 BYD FO痛車(上海モーターショー11)《写真 工藤貴宏》 BYD F0 痛車仕様(上海モーターショー11)《撮影 三浦和也》 BYD F0 痛車仕様(上海モーターショー2011)《撮影 三浦和也》 BYD F0 痛車仕様(上海モーターショー2011)《撮影 三浦和也》 BYD F0 痛車仕様(上海モーターショー2011)《撮影 三浦和也》 BYD F0 痛車仕様(上海モーターショー2011)《撮影 三浦和也》 BYD F0 痛車仕様(上海モーターショー2011)《撮影 三浦和也》 BYD F0 痛車仕様(上海モーターショー2011)《撮影 三浦和也》 BYD F0 痛車仕様(上海モーターショー2011)《撮影 三浦和也》