ベントレー・コンチネンタルGT《撮影 トヨサキジュン》

ベントレーモーターズジャパンは新型で2代目の『コンチネンタルGT』を、6月以降にデリバリー開始すると発表した。

「初代コンチネンタルGTは、ベントレーの中ですでにデザインアイコンとしての地位を確立しています」と話すのはベントレーモーターズ、ヘッド・オブ・インテリアのロビン・ペイジさん。新型は「その伝統をベースに、それを進化させ、ダイナミックでスポーティ、そしてモダンなデザインになるように心がけました」と話す。

エクステリアデザインの特徴は、「全幅が初代より広くなったことで、ヘッドライトも若干大きくすることが出来ました。フロントグリルは初代より切り立った形になっており、より精悍なルックスを実現しています」。

そしてスーパーフォーミング加工により、「例えばヘッドライトの上のカーブの部分(アイブロウズと呼んでいる)を、非常にシャープにフロントのフェンダーへ流すことが出来るようになりました」。スーパーフォーミング加工とは、複数のアルミ板を接合して造形するのではなく、1枚のアルミのプレートを加熱し気圧をかけて成型する方法。『ミュルザンヌ』でも採用している。

サイドのデザインについては、「ウエストラインを以前より高くすることにより、よりスポーティでダイナミックなイメージを実現しています」。初代でも特徴的なボディラインは新型でも継承しており、これは「1950年に登場した『Rタイプ』の曲線の特徴を採用しているのです」という。

具体的には3つのシンプルなラインがあり、まず、「フロントフェンダーのアールが、後方へ流れていくライン。それから、リアフェンダーのところの曲線状のライン。そして、非常にスポーティでダイナミックなルーフラインです」と語った。

ベントレー・コンチネンタルGT《撮影 トヨサキジュン》 ベントレー・コンチネンタルGT ベントレー・コンチネンタルGT《撮影 トヨサキジュン》 ベントレー・コンチネンタルGT ベントレー・コンチネンタルGT《撮影 トヨサキジュン》 Rタイプ《撮影 トヨサキジュン》 ベントレー・コンチネンタルGT ベントレー・コンチネンタルGT ベントレー・コンチネンタルGT ベントレー・コンチネンタルGT ペイジ氏《撮影 トヨサキジュン》