【SUPER GT 開幕戦】決勝…NISMO GT-R 1年10カ月ぶりの勝利

2011年シリーズのSUPER GTが富士スピードウェイで開幕。昨年の日産『GT-R』は厳しいシーズンを過ごしたが、今シーズン開幕戦、23号車「MOTUL AUTECH GT-R」が制した。NISMO(ニスモ)は09年7月のSUGO戦以来1年10か月ぶりの勝利となった。

決勝レースの1日は、朝から断続的な雨模様。14時開始のレースはセーフティカーの先導により5周したのちレーススタートした。

予選6位からスタートした23号車のは、トレルイエ選手がオープニングラップで4位にポジションアップ、11周目には6号車「ENEOS SUSTINA SC430」を抜いて3位、その後、18周目には12号車の「カルソニックIMPUL GT-R」を抜いてトップに立った。

コースでは接触やスピンなどのアクシデントが発生、トレルイエ選手はそれらを避け15秒以上のリードを広げ、44周目に本山選手にドライバー交代。リードを活かすためニスモはタイヤ無交換で、レースを続行する作戦を取った。

本山選手がコースに入ると再び降雨が激しくなったが、本山選手は後続との間合いを見ながら周回を重ね、終盤にはさらにペースをコントロールしながら走行した。レース残り7周で、降雨の勢いが激しくなったため赤旗が提示されてレース中断。そのままレースは終了となった。

決勝レース後のインタビューに、本山哲選手は「最後は雨が降ってきていつスピンするか分からなく、コースに留まるのが難しい状況でした。そんななか、クルマもタイヤもチームも全て良かった。それが報われてうれしい」とコメント。

ブノア・トレルイエ選手は「序盤はすごく難しい状況だったが、チームや本山選手もがんばった。日本で災害が発生したという状況で、多くのファンに来ていただいてレースが行われたことが本当にうれしい」とコメントしている。

【SUPER GT 開幕戦】決勝…NISMO GT-R 1年10カ月ぶりの勝利 【SUPER GT 開幕戦】決勝…NISMO GT-R 1年10カ月ぶりの勝利 【SUPER GT 開幕戦】決勝…NISMO GT-R 1年10カ月ぶりの勝利 【SUPER GT 開幕戦】決勝…NISMO GT-R 1年10カ月ぶりの勝利 【SUPER GT 開幕戦】決勝…NISMO GT-R 1年10カ月ぶりの勝利 【SUPER GT 開幕戦】決勝…NISMO GT-R 1年10カ月ぶりの勝利 【SUPER GT 開幕戦】決勝…NISMO GT-R 1年10カ月ぶりの勝利 【SUPER GT 開幕戦】決勝…NISMO GT-R 1年10カ月ぶりの勝利 【SUPER GT 開幕戦】決勝…NISMO GT-R 1年10カ月ぶりの勝利