ポルシェ918スパイダー開発スケッチ

ポルシェジャパンは、プラグインハイブリッドドライブを搭載したスーパースポーツカー『918スパイダー』の予約を5月13日から受け付けると発表した。

918スパイダーは、世界限定918台生産される2シーターで、納車はオーダーの順番に基づいて行われる。生産開始は2013年9月18日からで最終的な組み立てはシュトゥットガルト・ツッフェンハウゼンの工場で行われる。納車は2013年11月からの予定。

2010年のジュネーブモーターショーでコンセプトが公開された918スパイダーの市販モデルは、独自のハイブリッドシステムを搭載し、燃料消費量が100kmあたり3リッター(NEDC)の低燃費だ。V型8気筒エンジンは最高出力500PS以上で、合計218PS以上を発生する2つの電気モーターでアシストする。

エネルギーを蓄える水冷式リチウムイオンバッテリーは、通常の家庭用コンセントから充電することが可能で、電気モーターのみによる走行距離は25km以上。充電時間は各国の電力網によって異なるものの、ドイツの場合で約3時間。充電時間をさらに短縮するための急速充電オプションも計画されている。

日本での価格もユーロ建てのみで、68万4800ユーロ(約8220万円)。

ポルシェ918スパイダー開発スケッチ ポルシェ918スパイダー開発スケッチ