NKSJホールディングスは2日、東日本大震災による発生保険金および株式相場下落に伴う有価証券評価損の計上で、2011年3月期の連結純損益が従来見込みの250億円の黒字から129億円の赤字になったもうようだと発表した。

主要子会社の損害保険ジャパンおよび日本興亜損害保険の大震災による発生保険金(個人向け地震保険は含まず)は570億円程度の見込み。また有価証券評価損は209億円になるとしている。

なお期末配当は従来通り20円を予定しているという。損保ジャパン単体の純利益は121億円(従来予想270億円)、日本興亜損保の純損益は64億円の赤字(同130億円の黒字)をそれぞれ見込んでいる。