ダイハツ・ムーヴ

全国軽自動車協会連合会が発表した4月の軽自動車ブランド別販売台数によると、ダイハツ、スズキ、ホンダの上位3ブランドが4割を超えるマイナス幅となった。

シェアトップのダイハツは前年同月比44.0%減の2万4418台となった。2位のスズキが同45.8%減の2万4335台で、83台の僅差だった。3位のホンダは同40.4%減の8166台だった。

4位が日産で同38.1%減の6657台、5位が三菱自動車で同18.1%減の5185台だった。6位がスバルで同32.3%減の4918台、7位のマツダが同16.8%減の3164台だった。