ソニー・コンピューター・エンタテイメントは、プレイステーション・ネットワーク、Qriocityへの不正アクセス事件を受けて捜査当局に全面的に協力、不正アクセス者の特定、訴追に向けて徹底した調査を行うと発表した。

同社とソニー・ネットワーク・エンタテイメント・インターナショナルは、プレイステーション・ネットワークの安全性の向上に伴って近く地域ごとにサービスを段階的に復旧させていく予定。

具体的に復旧するのは、プレイステーション3/PSPプレイステーション・ポータブルでのオンライン対戦、プレイステーション・ネットワークへのログイン認証が必要なタイトル/ダウンロードされたタイトルのゲームプレイ、プレイステーション・ネットワークのビデオ配信サービスでダウンロード済みのレンタル映像コンテンツのPS3、PSP、Media Goでの再生(有効期限内に限る)、音楽配信サービス「Music Unlimited powered by Qriocity 」のPS3、PSPでの再生(現行の会員限定)、PlayStation Plus の各機能、PlayStation Home、アカウント管理、パスワードリセット、トロフィーなどのフレンド機能、チャット機能。

また、決済システムの安全性の検証を継続し、プレイステーション Store、Qriocityサービスの5月中の全面再開を目指す。

ソニーでは「現時点では、クレジットカード情報が取得された形跡は確認されていないものの、引き続きセキュリティの強化に取り組むとともに、地域ごとの状況、顧客の希望に応じたサポートを提供」し、安心してクレジットカードを利用できるようにする、としている。