福島第一原発4号機核燃料貯蔵プール動画キャプチャー

東京電力は4月29日、福島第一原発4号機の使用済み核燃料貯蔵プールの映像を公開した。4号機は3月15日に建屋が爆発、側壁や屋上が破壊された。事故後初めての映像となる。

映像は4月28日正午頃に撮影された。全体で6秒とかなり短い。水温が燃料集合体の残留熱の影響で88度まで上昇している中に、耐熱温度が50度の水中カメラを投入させているためだ。

東電は「90度前後の水温に耐えられるカメラは調達できていない」と、話す。

事故当時の4号炉は定期点検中だったため、すべての核燃料棒が原子炉から抜き取られていた。核燃料プールには、使用済み燃料棒の集合体や使用済み制御棒だけでなく、使用中の燃料集合体なども貯蔵されていた。

福島第一原発4号機核燃料貯蔵プール動画キャプチャー 福島第一原発4号機核燃料貯蔵プール動画キャプチャー 福島第一原発4号機核燃料貯蔵プール動画キャプチャー