日産リーフ、米国での衝突安全テスト動画キャプチャ

EVとして、米国で初めて衝突安全テストを受けた日産『リーフ』。その映像が26日、ネットで公開された。

このテストは、米国IIHS(道路保険安全協会)が実施したもの。前面オフセット64km/h、側面50km/h、後方32km/hという内容で、ダミー人形が受けた傷害レベルに応じて、GOOD(優)、ACCEPTABLE(良)、MARGINAL(可)、POOR(不可)の4段階で評価する。

さらにIIHSでは、追突時のむち打ち確認テストと横転を想定したルーフ強度テストも行う。そして、総合評価でGOOD(優)となった車に「トップセーフティピック」を授与し、米国で販売される車の中で、最も衝突安全性の高いモデルと認定している。

リーフは全てのテストで優秀な結果を残し、EVとして初めて、トップセーフティピックに認定された。テストの様子は、米消費者団体専門誌『コンシューマー・リポーツ』が、動画共有サイトで公開している。

日産リーフ、米国での衝突安全テスト動画キャプチャ 日産リーフ、米国での衝突安全テスト動画キャプチャ 日産リーフ、米国での衝突安全テスト動画キャプチャ 日産リーフ、米国での衝突安全テスト動画キャプチャ 日産リーフ、米国での衝突安全テスト動画キャプチャ