マツダ(上海モーターショー11)《撮影者 永島伸幸》

マツダが28日発表した2011年3月期連結決算は、世界販売が7%増の127万3000台となったことやコスト低減の推進などにより、営業利益は、10年3月期比で2.5倍の238億円となった。

東日本大震災による生産停止などの影響は、営業損益段階で約50億円だった。売上高は7.5%増の2兆3257億円となった。

営業利益が回復する一方で、北米生産事業での一部設備消去などによる特別損失を208億円計上。また大震災によって今期以降の業績が不透明になったことから、繰延税金資産の一部567億円を取り崩した。

これは帳簿上の一過性の処理であるものの、最終損益は600億円の赤字となった。山内孝社長は「今期は繰延税金資産の処理はない。販売やコスト改善など事業パフォーマンスは順調」と強調した。また、今期の業績予想は不透明な要素が多く、同日に開示は見送った。