中国一汽 X(上海モーターショー11)《撮影 宮崎壮人》

中国一汽(中国第一汽車集団)は上海モーターショーに5台ものコンセプトモデルを出品、さらにEVやPHVのプロトタイプなど環境対応車も多数出品し、国内ビッグ5の1社としての勢いを見せつけた。

コンセプトカーは、ラグジュアリーセダン『B9』、4ドアスポーツの『G0』、小型クロスオーバー『T012』、フルサイズSUVの『X』、そして小型セダンの『R008』と多彩。中国市場で人気のセダン、SUVに的を絞り怒濤のラインナップを展開した。これらはデザインコンセプトの意味合いが強く、市販までにはまだ時間がかかりそうだ。

国ぐるみで環境対策を進める中国では、排気量1.6リットル以上のクルマに対し高額な税金が課せられる。より大きなクルマを好む中国市場だが、こうした背景から現在、小排気量車が人気なのだという。ボディが大きければエンジンは小さくても構わない、と考える人も少なくないそうだ。今回展示されたコンセプトカーも、パワートレインを公開しているものについては、全て1.3リットル〜1.5リットルと記載されていた。

今回のショーで目立ったのが、EVやPHVなどの環境対応車。市販は開始されていないものの、各社はこぞってプロトタイプを出品していた。中国一汽も、現在販売しているセダン『B50』や『B70』をベースとした環境対応車として、HV、EV、PHV、FCV(燃料電池車)と全方位ラインナップを展開した。中国市場は、確実にエコカーにシフトしつつある。

中国一汽 B9(上海モーターショー11)《撮影 宮崎壮人》 中国一汽 G0(上海モーターショー11)《撮影 宮崎壮人》 中国一汽 T012(上海モーターショー11)《撮影 宮崎壮人》 中国一汽 091F EV(上海モーターショー11)《撮影 宮崎壮人》 中国一汽 B50 PHEVとBSG(上海モーターショー11)《撮影 宮崎壮人》 中国一汽 B50EV(上海モーターショー11)《撮影 宮崎壮人》 中国一汽 B70 HEV(上海モーターショー11)《撮影 宮崎壮人》 中国一汽(上海モーターショー11)《撮影 宮崎壮人》