トヨタ・ハイエース

トヨタ車体が発表した2011年3月期の連結決算は、営業利益が前年同期比6.7%減の160億2600万円と減益となった。

売上高は、同2.4%減の1兆2626億3300万円となった。売上げ台数は『ハイエース』や『ランドクルーザー』は増加したものの、その他モデルが低迷し、同4.2%減の63万9000台だった。

収益では、東日本大震災による稼働停止で操業度低下などが影響、経常利益は同9.4%減の156億7300万円となった。当期純利益は特別損失に確定拠出年金制度への移行に伴う損失43億8100万円を計上したことから同43.5%減の57億8800万円だった。

今期の通期業績見通しは、東日本大震災の影響で予想することが困難なため、公表を見送った。