トヨタ・ラクティス

関東自動車工業が発表した2011年3月期の連結決算は、経常利益が22億7800万円と黒字化した。前年同期は112億円の赤字だった。

売上高は前年同期比14.0%増の5041億2700万円と増収だった。グループの新車販売台数は、トヨタ『ラクティス』が好調で同16%増の36万4000台だった。

収益では増収や収益体質向上の成果で営業利益が12億500万円と黒字に転換した。最終損益は震災の影響で特別損失を計上、19億6500万円の赤字と2期連続で赤字となった。前年同期の137億円の赤字から改善した。

今期の通期業績見通しは、東日本大震災の影響で合理的な算定が困難なため、公表を見送った。