シロキ工業が発表した2011年3月期の連結決算は営業利益が前年同期比138.7%増の64億円と大幅増益となった。

売上高は同5.2%増の1177億0400万円だった。従来品に対し大幅に軽量化したアルミドアサッシが、2010年12月に販売された日産自動車の電気自動車『リーフ』に装着されるなど、受注は好調に推移した。

海外でもゼネラルモーターズ(GM)から新軽量ドアサッシを新規受注したほか、中国でも受注が伸びた。さらにタイでは、トヨタ自動車の『イノーバ』向けウインドレギュレータの生産増加などにより、売上が好調に推移。自動車用シート部品のインドネシアへの販売も伸びた。

収益では、増収やグループあげてのコストダウン効果で経常利益が同158.1%増の56億7800万円だった。最終利益は同162.2%増の60億9500万円だった。

今期の通期業績見通しは東日本大震災の影響から公表を見送った。