日本自動車工業会が発表した自動車輸出実績によると2010年度(2010年4月〜11年3月)の四輪車輸出台数は、前年度比17.5%増の480万3068台と3年ぶりにプラスとなった。

車種別では、乗用車が同17.0%増の425万0607台となった。トラックは同23.3%増の43万7594台、バスが同17.6%増の11万4867台だった。

このうち、ノックダウン方式の輸出は、乗用車が同42.5%増の22万3655台、トラックが同39.0%増の19万6666台、バスが同29.7%増の1万4413台となった。

地域別では、北米向けが同9.4%増の169万9316台、欧州向けが同34.3%増の100万4237台、アジアが同11.2%増の57万8652台となるなど、全地域で前年を上回った。

輸出金額は、車両分が1031億2772万ドル、部品分が388億1163万ドルで、総額1419億3935万ドルとなり、前年度より25.4%増となった。

生産に占める輸出の割合は、53.4%で、前年度より7.3ポイントアップした。