震災により国内生産工場のほとんどが停止、3月の生産台数は6割近い落ち込みとなった(資料画像)

日本自動車工業会が発表した3月の自動車生産実績によると四輪車生産台数は前年同月比57.3%減の40万4039台となり、6割近い落ち込みとなった。

東日本大震災の影響で国内の自動車生産工場のほぼ全てが停止したため。マイナスは6か月連続。

車種別では乗用車が同57.7%減の34万8474台だった。このうち普通車は同55.4%減の20万6981台、小型四輪車が同59.9%減の9万0189台だった。軽四輪車は同62.1%減の5万1304台だった。

トラックは同54.1%減の5万0852台で4か月連続のマイナス。このうち普通トラックが同52.8%減の2万0556台、小型トラックが同55.5%減の1万0664台、軽貨物車が同54.6%減の1万9632台だった。

バスは同55.2%減の4713台だった。

3月の国内需要は43万7599台で、同35.1%減だった。輸出は同26.1%減。