デンソーは28日、稼働準備中のデンソー東日本(福島県田村市)の工場を、被災した藤倉ゴム工業に一時的に貸与することで合意したと発表した。

藤倉ゴムからの申し入れに応じた。藤倉ゴムは被災地の工場復旧までの代替工場としてデンソー東日本の工場建屋を借り受け自動車など工業用ゴム製品の生産に利用する。操業開始は5月下旬の予定。

デンソー東日本は東日本地域向けのカーエアコン製造拠点として稼働準備中だったが、設備が見搬入だったことから、これまでは被災者の避難先として提供していた。同工場について国内の重要な生産拠点との位置づけは変わらないとしており「当初予定していた生産開始時期については、別途早急に検討していく」としている。

自動車メーカーでは車載用半導体のほか、樹脂やゴム系の部品が不足し生産の水準が上げられない状況が続いている。トヨタも樹脂、ゴム、電装品が不足し150品目の部品が足りないとしている。