コマツが発表した2011年3月期の連結決算は、最終利益が前年同期比349.2%増の1507億円と大幅増益となった。

売上高は同28.7%増の1兆8431億円と増収だった。建設・鉱山機械の需要は、戦略市場の中でも特に中国、アジア、中南米で高い水準で推移した。加えて日本、北米、欧州でも需要が回復し、各地域で増収となった。

また、産業機械の需要も戦略市場での自動車生産台数の増加と、中国、アジア地域での太陽電池産業の成長に伴って回復した。

損益では、為替差損が発生したものの、増収や販売価格や製造原価の改善効果もあって営業利益は同232.6%増の2229億円だった。税引き前当期純利益は同238.3%増の2198億円だった。

今期の業績見通しは、売上高が同16.6%増の2兆1500億円、営業利益が同36.8%増の3050億円、税引き前当期純利益が同36.5%増の3000億円、当期純利益が同32.7%増の2000億円となる見通し。