ソニーコンピュータエンタテイメントによる「“PlayStation Network”/“Qriocity”をご利用の皆様へのお詫びとお願い」

ソニーコンピュータエンタテイメントは27日、PlayStation NetworkおよびQriocityに対する不正アクセスにより、2011年4月17日から19日にかけて、ユーザーのアカウント情報が漏洩していた可能性があることが判明したと発表した。

PlayStation NetworkおよびQriocityでは、4月21日より障害が継続しており、同社が同件詳細について調査を行ってきたところ判明した。被害規模は公表されていない。

不正アクセス者が入手したとみられるアカウント情報は、ユーザーがPlayStation Network/Qriocityに登録した、氏名、住所、Eメールアドレス、生年月日、PlayStation Network/Qriocityパスワード、PlayStation NetworkオンラインID。

また、購入履歴、請求先住所、パスワード再設定用の質問への回答等のプロフィールデータ、サブアカウントに関する上記情報(ユーザーがサブアカウントを作成している場合)、についても不正アクセス者が入手した可能性があるとしている。

ユーザーがPlayStation NetworkまたはQriocityにクレジットカード情報を登録している場合、登録されているクレジットカード番号(セキュリティコードを除く)および有効期限に関する情報が不正アクセス者に入手された可能性を完全に否定することはできないが、現時点ではそのことを示す形跡は見つかっていないという。

同社では、引き続き詳細についての調査を継続していくとしている。

ソニーコンピュータエンタテイメントによる「“PlayStation Network”/“Qriocity”をご利用の皆様へのお詫びとお願い」 ソニーコンピュータエンタテイメントによる「“PlayStation Network”/“Qriocity”をご利用の皆様へのお詫びとお願い」 ソニーコンピュータエンタテイメントによる「“PlayStation Network”/“Qriocity”をご利用の皆様へのお詫びとお願い」