トヨタ G's レイツ(上海モーターショー11)《撮影 宮崎壮人》

全体相場は4日ぶりに反発。米国株高を受け、輸出関連株を中心に買いが先行。米国の金融政策の行方などを見極めたいとのムードが強い中、平均株価は前日比133円高の9691円と反発して引けた。

自動車株は全面高。日産自動車が17円高の778円と続伸。ホンダは45円高の3100円と反発した。

軒並み高の中、トヨタ自動車が10円安の3185円と反落した。

日産 コンパクトスポーツコンセプト(上海モーターショー 11)