バーニー・エクレストン資料画像

アメリカのメディア王、ルパート・マードックが所有するニューズ・コーポレーションがF1の支配権を取得しようとしているとの報道を真っ向から否定したバーニー・エクレストン。マードックに支配権が渡るなら、F1から引退する意向であることをほのめかしている。

「私はもう年金をもらえる歳だからね。無理にでも仕事にしがみつく必要はないんだ。私が一緒に働きたいと思える存在であるかどうか、そして相手も私と一緒にやりたいと思っているのかどうか、見極める必要がある」と、エクレストンは語っている。