PAS CITY-C

ヤマハ発動機は、20インチタイヤの扱いやすい電動アシスト自転車『PAS』の2011年モデル3機種を5月20日から発売する。

今回発売するのは、個性的なデザインとスポーティな走行性能の両立を目指した『PAS CITY-X』、低床U字フレームで乗り降りしやすすい『PAS CITY-C』、実用性の高い仕様に加え、取り回しやすい『PAS コンパクト』の3機種。これでPASの2011年モデルは、全11機種となる。

今回ラインナップする3機種には、バッテリーのサイクル寿命を700〜900サイクルへと従来比約2倍に延ばした高耐久リチウムイオンバッテリーを採用した。バッテリーボックスのデザイン、バッテリーロック機構も刷新した。

バッテリーの保証期間は2年、ドライブユニットは3年と、製品保証期間を業界最長に設定した。フレームとフロントフォークも3年に延長している。

価格はCITY-Xが10万6800円、CITY-Cが10万3800円、コンパクトが10万3800円。

PAS コンパクト PAS CITY-X