ダイハツ・ムーヴ

ダイハツ工業が27日発表した2011年3月期連結決算は、国内販売の落ち込みが軽微にとどまったことなどにより、営業利益は前期比2.5倍の1034億円と、初めて1000億円台を突破した。

期末に東日本大震災の影響を受けたものの、国内軽自動車販売は5%減の56万8000台となり、年度ベースで5年連続のシェアトップを維持した。海外の売上台数は22%増の36万6000台と大幅に増加した。

純利益は2.5倍の525億円。各利益段階で過去最高だった08年3月期を上回り3期ぶりの更新となった。大震災の影響は営業利益段階で100億円規模にのぼった。

また、約1500台の車両被害や生産停止に伴う休業固定費など計50億円の特別損失を計上した。今期の業績予想は開示を見送った。

伊奈功一社長は「震災や原発事故が今後、部品調達などにどれだけの影響を及ぼすか不透明なところが多すぎる。業績予想についてはしかるべき時期に発表したい」と釈明した。