ダイハツ工業は、6月29日付けで白水宏典会長が退任する役員人事を発表した。

白水氏は、トヨタ自動車の生産担当の元副社長で70歳。トヨタ自動車の意向から、トヨタグループの会長の定年の内規が68歳に引き下げられた後もダイハツの会長を続けてきた。会長退任後は相談役・技監に就任する予定。

後任の会長にはダイハツのプロパーである奥村勝彦副会長が昇格する。

また、トヨタ出身でダイハツの国内販売担当を長年にわたって務めてきた神尾克幸副社長も退任する。